普通金融機関とローン契約を結ぶ際には保証人が必要ですよね。
しかし、人によっては保証人が準備できないという人も居ます。
そこで、活用したいのが不動産担保ローンです。
不動産担保ローンはその名前の通り不動産を担保に入れて、ローン契約を結ぶことです。
そのため、契約が成立する条件としては、不動産に担保的価値があることが必須となります。
逆に言えば、価値のある不動産を所有していれば、保証人がいなくてもその評価額までお金を借りることができます。
だから、大金が必要となった場合には、とても有用なローン契約だといえます。
不動産担保ローン契約が締結された場合、当該不動産には金融機関による抵当権の設定が行われます。
抵当権の設定が行われるだけですので、その物件自体は転売が可能となります。
だから、不動産の処分に困ることもなく安心です。
そして、返済が滞った場合には金融機関は抵当権を実行することで、金銭を回収することができます。
新しく事業を始めるときなど大金が必要となった際には、大いに活用したい契約ですね。