クレジットカードの平均所有枚数は3枚程度だそうです。
特定のポイントをためるためや、お得に買い物をするためにクレジットカードを契約する人が多いのではないでしょうか。
車や家電などを購入する際、アフターザービスを受けるために契約したり、家族や親せきから契約を頼まれたりしてクレジットカードの枚数が増えることもありますよね。
どちらにしろ、「現金を持ち歩きたくない」という、ただそれだけの理由でクレジットカードを持つ人は少ないと思います。
クレジットカードは、それぞれ機能やお得度が違いますから、契約時にはサービス内容をじっくり比較しましょう。
年会費無料のカードが気軽ですが、年会費を支払っても見返りがあるカードもあります。
そのカードを特定の店舗で使うとポイントが2倍になるなど、条件によって入るポイントが違うことも。
クレジットカードを契約する時は、お得なサービスが受けられる店舗が身近にあるかどうかも比較しましょう。
「お得なカードなら3枚と言わず、どんどん申し込めば良いんじゃないの?」と思うかもしれませんね。
クレジットカードの持ちすぎは厳禁です。
どれぐらい使ったのか分からなくなるという危険もありますが、ポイントが分散されてしまい、結局、ポイントを使いそびれてしまうことがあるからです。
クレジットカードは、十分に比較検討した数枚にしぼり、ポイントを集中させて貯めるのが賢い使い方です。