日本では皮肉にも取引所の破綻によって一躍有名になったビットコインですが、通常の通貨と比較してメリットがあります。
それは銀行などの金融機関を通さずに、直接所有者同士でやりとりができるということです。
普通の通貨でも実際に会える程度の距離ならばできることですが、地球の裏側となるとそうもいきません。
じゃ先ほどの取引所ってのは何をやってるのかと疑問に思った方もおられるでしょうが、取引所はビットコインと普通の通貨を交換するところです。
銀行などを介さないため手数料も不要で、送金も素早く行えます。
問題点としては、やはり普及率でしょう。
これによる決済ができるお店はまだ一般的とは言いがたいものがあります。
しかし徐々に決済可能なお店も増えてきていますし、将来的には期待が持てますね。
こういった仮想通貨を通貨として機能させるには、誰かが勝手に増やしていけない、偽造できないという保証が必要です。
ビットコインではブロックチェーンというシステムでそれを実現しています。
これはいろんなPCが取引台帳というべきものを管理しており、お金の流れをすべて記帳しています。
仮に偽造しようとすると遡ってすべての情報を書き換える必要があります。
これは暗号化されているうえ、多数のPCが現在進行形で更新・チェック作業を行っています。
つまり世界中のPCの処理能力を上回る速度で更新しないといけないわけで、実質的に不可能なのです。https://www.coin-portal.net/