直感的なユーザーインターフェースと高速動作による良好な操作感が人気を呼んでいるスマートフォンと同じCPUコアを使いつつも、9インチよりすこし大きな大画面を採用したタブレット端末が、ipadです。
コア的な商品であるスマートフォンとCPUコアも基本ソフトも同じなため、アプリ開発のノウハウがいろいろと共通しているから、一つのアプリケーションソフトを開発したときに見込める市場が大きく広がっています。
コア的なスマートフォンのほうでアプリ開発のノウハウを蓄積してきた開発企業は、ipadアプリの開発においてはかなりのアドバンテージをもっているのです。
そのアドバンテージはすさまじく有利なものなので、開発企業側がややもすると楽勝感を抱きやすい訳です。
さらに、より強固にアドバンテージを明示するためには、留意点も網羅済みであることが必要で、既に網羅済みとなっています。
ipad用のアプリ開発における留意点とは、たとえば文字表示や画像表示で、液晶画面が広くなる事にあわせて、情報処理のスピードを速めたりしなくてはならないため、独自のチューンナップが必要になると留意する事です。
基本ソフトもCPUコアも現在では同じである情報機器同士、かなり相性が良いので開発もスムーズに行く事が予想されるだけに、留意点には特に注意する事が求められます。