子どもの頃、虫歯の痛みで悶絶していた私を、母親は歯医者さんに連れて行きました。
痛みで苦しんでいる姿を見れば、すぐに連れて行くのが当たり前なのですが、連れて行かれた先での治療で、また激痛を体験することになり、それ以来、よほどのことがない限り、歯医者さんには足を運ばなくなってしまいました。
もちろん大人になってからは、痛いから嫌だ、と言うのは格好悪いですし、子どもを持つ親として、子どもにみっともない姿を見せたくないと、全く平気だよ、という顔をして歯医者さんに行っています。
しかし内心では、嫌で嫌でたまらない、そう子どもの頃の嫌な記憶をいまだに引きずっている状態にあるのです。
代々木の歯科に、マリコ歯科クリニックという所があるのですが、こちらの治療内容の一つに、私の目は釘付けとなりました。
その内容は、痛みを抑えた治療というものです。
最先端の医療設備と高度な技術を持つ歯科医、そして患者さんの不安や悩みを聞き入れる体制を積極的に取り入れることで可能となった治療法ということなのですが、その手順を説明した文章を読みますと、これなら私でも安心して通えると感じました。
麻酔薬は、超極細の針を使うのですが、それでもチクッとした痛みを感じるため、それを事前の表面麻酔で鈍化させます。
その他にも、様々な面で痛みや不安を軽減する工夫がなされているのです。
この歯医者さんなら、この治療法なら私でも大丈夫そう、そう思ってくる患者さんも多いということなので、通える範囲にお住まいであれば、ぜひお世話になってみてください。