驚くべきことに生後6週間でもう保育園に預けることが出来るんですね。預かる保育士も緊張するでしょうね。こういったタイプの保育園の保育士さんの求人の数が最近増加しています。なぜかというと、夫婦ともに働く家族が増えてきている事が主な要因であると考えられます。もちろん、自分の手で育てたいけれど、家のローンや家計の事を考えると、母親も働かざるおえないという状況もあるのかもしれませんん。受け入れる保育園も実際のところまだまだ足りておらず、待機児が多くなっています。かといってどんな経験の保育士さんを雇ってもいいという訳ではなさそうです。もしかしたら園の方針によっては、育児経験のある保育士さんを希望して求人を出すかもしれません。
http://hoikuhaken.com/